×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

336x280
336x280

黒真珠とは

黒真珠(ブラックパール)はタヒチの水域とクック諸島からすばらしい上質の洗練されたものが作られています。大部分はアメリカで作られています。ポリネシア伝説は、平和と肥沃の神によって男性に提供されたと主張します。(その神は、虹の地球に落ちました)。 彼は彼の永遠の愛のサインとして内部をボラボラ島の美しい姫に提供しました。 この日まで、黒真珠の贈り物は、ロマンスの贈り物であり、永遠の愛のサインと言われています。やはりタヒチ産はひんしゅつがよいと評判ですが、その基準などについて少し説明します。あこや真珠などに比べると大きめで、真珠層の巻きも厚いせいか、天然のキズが表れやすいと一般的に言われています。真珠表面積の天然キズの割合が10%未満であれば最高ランクのAのグレードとされているようです。多少傷があっても近くに寄らない限りはあまり目立つ事もないようですが、傷の少ないネックレスやピアス、指輪などのテレビショッピングでもお馴染みのアクセサリーをもっていれば気分的にちがうんでしょうねタヒチ産黒真珠のランクのAのグレードは女の憧れなのかもしれませんね。やはり同じ真珠でも綺麗で光沢のある美しい仕上がりが欲しいですもんね。ちょっときになるのですが女性めせんではなく男性からの目線で真珠といえばやはり冠婚葬祭という印象が強いのも事実ですが黒真珠(ブラックパール)ならばまた少し違った印象になってくるのだと思います高価なものですのでお手入れやケアは使用後はまめにして保管しておきたいですねでも最近ではオオロラ花珠なんて言う凄いのもでてきたみたいですが

728x90

黒真珠のカラー

黒真珠のカラーの秘密について真珠貝を作る成分と同じ真珠質の分泌によって形成されています。真珠の色相は、ごく少量の色素が、重なり色をしんとうさせます。微量のレッド・イエロー・グリーンの3つの色素が含まれて、色素が重なり合い黒に少しだけ含まれたカラーが誕生します。色相はグリーン系、レッド系、グレー系、ブラック系、ブルー系、ホワイト系の種類に分類できます。グリーン系のピーコックグリーンやモスグリーンが希少価値の高い黒真珠と一般的によばれているそうです。私には全部同じくらいの色合いしかみえないのにちゃんと何々系といったかんじで、ほんの少しだけカラーが混ざってたりするんですねホント驚きの連続です。それにしてもグリーンやモスグリーンが一番高いというのもちょっと私的にはいがいな展開だった気がします。ほんと真珠の世界は奥が深いですよね

黒真珠の生息分布や生産国

黒真珠や黒蝶真珠の商品やオオロラ花珠なんか通販 テレビショッピングなどでよくみみにしまたりみたりもしますが、案外おおまかな生産国しか知られていないようです生息分布は奄美大島や沖縄、台湾、ミクロネシア、西インド洋、ポリネシアなどで生産国はといいますとタヒチやクック諸島、日本では(奄美大島、石垣島)などになるようですねやはり海水の綺麗な場所だからとれるものも違ってくるのかなと感じてしまいます。すこし話しがかわりますが、表面に環があるものをサークル珠と呼んでいます。サークル珠は、安価なのも特徴で、黒真珠で流通している50%くらいが、サークル珠を占めると言われる程です。対照的に、サークルが浅いものや少ないものほど希少価値が高い分高額になるようですね。こうやって色々調べてると奥が深いなと感心してしまいました。

Copyright © 2007-2011 黒真珠はタヒチ産がベスト

728x15